は っ た つ し ょ う が い し え ん せ ん た − ぱ る
発達障がい支援センター PAL(パル)

    本事業は、東大阪市の委託を受け、個別の療育プログラムに基づき実施する   
    「東大阪市発達障害児支援事業」です。                          
    自閉症およびアスペルガー症候群等の発達障がいのある児童およびその保護者の
    方を対象に、発達障がいの特性にあわせた療育と保護者に対する研修を行います。

<療育方針>
地域で豊かな生活を

めざして
自閉症やアスペルガー症候群などをもつ子どもたちが、
家庭や地域の人たちと一緒に、より豊かに、自尊心を
もって、自立した生活ができることを目指し、
幼児・学齢期における、その基礎を保護者の方と
協同して築きます。

1. 自閉症の特性理解

 一番身近な保護者の方が自閉症などの特性を理解し、特性に配慮した支援が早期から行われるよう支援します。
     2. 個別の評価と目標設定

 子どもの発達、生活スキル、行動特性を個別に評価し、保護者の方と情報を共有します。個別の支援プログラムを保護者の方と共同作成し、取り組みます。
   3. 支援方法のモデルの提示

 療育の中で、個別の目標に合わせた具体的な支援方法のモデル提示を行います。
    4. 家庭や地域への発展・応用

 療育場面で身につけたことを、家庭や地域などの生活の場へ段階的に広げていくことをめざします。

                    <募集対象児> 
@ 東大阪市に在住し、自閉症、広汎性発達障がい、アスペルガー症候群等の診断を
  受けた小学校6年生までのお子さんとその保護者
A 保護者同伴で1年間(平成29年3月末まで)継続して通所および研修会への参加
  が可能な方
B これまでに、大阪府の実施した以下の療育を受けたことのある方もお申込できます
    松心園での外来療育/アクトおおさかでの自閉症児療育・訓練強化事業、
    平成17年度以降実施された、Will、Sun、Wave、PAL、青空、Linkの療育
C 療育手帳の有無は問いませんが、利用決定後、児童発達支援または放課後等
  デイサービスの受給者申請をしていただきます。

  平成29年度の新規療育児の募集について。
      →  29年度募集要項 29年度実施要項 29年度療育利用申込書

    ※利用を申込みされる場合は、PALの見学説明を受けていただく必要がありますので、
      PALまでご連絡ください。

<療育実施の流れ>

事前情報の収集 質問紙による
評価 発達検査/行動観察/
保護者からの聞き取り
説明面接 家族のニーズ確認/評価結果の説明
療育についての説明
個別の支援プログラムに基づく個別療育(6月開始)
  
発達障がい支援センター PAL(パル)

〒577−0065
大阪府東大阪市高井田中1−5−16
東大阪市療育センター 2F
TEL 06−6783−1425
FAX 06−6783−6105


事業団トップページへ | 事業団概要 | 本部事務局
高井田障害者センター(旧高井田訓練所を含む)
| 四条の家 障害児者相談センター「わっトライ!」